コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

挙句(揚句) あげく

世界大百科事典 第2版の解説

あげく【挙句(揚句)】

連歌俳諧用語。連句一巻の最終句をいう。連句は五七五の長句と七七の短句を交互によみ続けるが,最終句は短句である。一巻の成就をよろこび,祝言の心をこめて,かるがるとよむのが通例。規則により,前句から続けて春季の句になる。主客と亭主はこれをよまず,一座の記録係である執筆(しゆひつ)がよんでいない場合は,これを勤める。最後の一句になって付けあぐんでは興がさめるので,前の句に少々なじまずとも,あっさり付けるのがよく,あらかじめ用意しておくこともあった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報