挟み詞・挿み語(読み)はさみことば

大辞林 第三版の解説

はさみことば【挟み詞・挿み語】

文章の間に挿み入れた言葉。挿入語。挿入句。
江戸時代、明和(1764~1772)頃に深川遊里から流行した言い方。言葉の中に種々の音節をはさみ、仲間以外の者には理解しにくいようにしたもの。言葉の各音節のあとに、それと同列のカ行音をはさむのが普通。「いやなひと」を「いキやカなカひキとコ」という類。また、どの音のあとにもキやシをはさむものなどもあった。のちには子供の遊びとなった。唐言からこと

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android