コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

振動障害(振動病/白ろう病) しんどうしょうがいしんどうびょうはくろうびょう

1件 の用語解説(振動障害(振動病/白ろう病)の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

しんどうしょうがいしんどうびょうはくろうびょう【振動障害(振動病/白ろう病)】

 削岩機(さくがんき)、チェーンソーなどの振動工具を使用する職業の人におこる障害です。振動工具の使用時間が一般に1000時間を超えると発症します。
●症状
 手指や前腕のしびれ感、冷感がおこり、皮膚がろうのように白くなります。感覚が鈍くなったり、過敏になったりすることもあります。
 関節の変形や骨の硬化がおこることもあります。
●治療
 治るまで、振動工具の使用は禁止です。
 体操や運動浴などの運動療法、ホットパックなどの温熱療法血管拡張薬や鎮静薬(ちんせいやく)の服用を行ないます。
 症度がⅡ以上であれば、職業病と認定され、労働者災害補償保険が適用になります。
●予防
 振動工具の使用時間の短縮、防振手袋の使用、耳栓(みみせん)の使用、全身の保温などを守ることがたいせつです。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

振動障害(振動病/白ろう病)の関連キーワードタイヤチェーンチェーンストアチェーンソーナショナルチェーンプレーンソーダオープンチェーンクローズドチェーン鑿岩鑿岩機チェーンカッター