コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

振動障害(振動病/白ろう病) しんどうしょうがいしんどうびょうはくろうびょう

家庭医学館の解説

しんどうしょうがいしんどうびょうはくろうびょう【振動障害(振動病/白ろう病)】

 削岩機(さくがんき)、チェーンソーなどの振動工具を使用する職業の人におこる障害です。振動工具の使用時間が一般に1000時間を超えると発症します。
●症状
 手指や前腕のしびれ感、冷感がおこり、皮膚がろうのように白くなります。感覚が鈍くなったり、過敏になったりすることもあります。
 関節の変形や骨の硬化がおこることもあります。
●治療
 治るまで、振動工具の使用は禁止です。
 体操や運動浴などの運動療法、ホットパックなどの温熱療法、血管拡張薬や鎮静薬(ちんせいやく)の服用を行ないます。
 症度がⅡ以上であれば、職業病と認定され、労働者災害補償保険が適用になります。
●予防
 振動工具の使用時間の短縮、防振手袋の使用、耳栓(みみせん)の使用、全身の保温などを守ることがたいせつです。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android