コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

挽く・碾く ひく

大辞林 第三版の解説

ひく【挽く・碾く】

( 動五[四] )
〔「引く」と同源〕
刃物などで物を切ったり削ったりする。 「鋸のこぎりで丸太を-・く」 「ろくろで-・いてこけしを作る」
ひき臼やその他の道具で、粒状の物や肉を細かくする。 「そばの実を石臼で-・いて粉にする」 「コーヒー豆を-・く」 〔臼うすでひく場合は「碾く」とも書く〕
[可能] ひける
[慣用] お茶を-

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

挽く・碾くの関連キーワードコーヒー豆

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android