コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

捨て仮名・捨仮名 すてがな

大辞林 第三版の解説

すてがな【捨て仮名・捨仮名】

送り仮名 」に同じ。
促音・拗音などを表すために、右または下にに寄せて小書きにされる仮名。「っ」「ゃ」「ゅ」「ィ」の類。助け仮名。
自分の意図どおりに読まれるように、漢字の下に添える小さな仮名。川柳・俳句などに多く見られる。「黒(コクでなくクロ)」「心(ココロでなくシン)」の「ロ」や「ン」。 → 迎え仮名

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

捨て仮名・捨仮名の関連キーワード迎え仮名小書き

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android