コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

捨て文・捨文 すてぶみ

大辞林 第三版の解説

すてぶみ【捨て文・捨文】

江戸時代、密告や訴えの趣旨を書き、評定所などの役所に投げ込んだ無署名の文書。
通り一ぺんの、あいさつだけの手紙。 「硯借りて、君方への-して/浮世草子・諸艶大鑑 2

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

捨て文・捨文の関連キーワード浮世草子