コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

捨て訴・捨訴 すてそ

大辞林 第三版の解説

すてそ【捨て訴・捨訴】

江戸時代、訴状を評定所などの役所の門前にひそかに置くこと。また、その訴状。捨て文。捨て訴状。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

捨て訴・捨訴の関連キーワード江戸時代評定所門前訴状