捲込(読み)まくれこむ

精選版 日本国語大辞典の解説

まくれ‐こ・む【捲込】

〘自マ四〙 内側へ巻いてはいる。巻きこんだ状態になる。
城の崎にて(1917)〈志賀直哉〉「前へついてゐた両の前足の指が内へまくれ込むと」

めくれ‐こ・む【捲込】

〘自マ四〙 内部の方へめくれる。めくれてはいる。
※雑俳・末摘花(1776‐1801)初「なりひらはめくれこむのをやっといれ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android