コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

掃き はき

大辞林 第三版の解説

はき【掃き】

〔動詞「掃く」の連用形から〕
遊里で、芸娼妓を一人に定めず成り行きまかせに揚げること。また、その客。 「其-の予おれがそちと斯う長う深逢つながつてゐるので/洒落本・南遊記」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

掃きの関連キーワードマユハキタケ(眉掃茸)掃き付け壁・掃付け壁江戸は諸国の入り込み吹き返す・吹返す掃き込み・掃込み盛り塩・盛塩ハキダメギクスイーピング塵溜めに鶴玉箒・玉帚佐藤 吾一カーリング掃付け壁ダルバ草超粒状斑掻き払う掃き溜め塵塚に鶴網状星雲地鎮祭

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

掃きの関連情報