コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

排他的経済水域(EEZ)

2件 の用語解説(排他的経済水域(EEZ)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

排他的経済水域(EEZ)

沿岸国が、水産資源などを排他的に利用できる海域。国連海洋法条約で、最大200カイリ(約370キロ)以内で設定でき、外国の漁船は許可なく操業できない。日韓両国は1996年に同条約を批准した。竹島(韓国名・独島)の領有権問題のために境界線が定まらず、99年に発効した新日韓漁業協定で、同島周辺に共同で管理する「暫定水域」を設けた。

(2010-11-17 朝日新聞 夕刊 1総合)

排他的経済水域(EEZ)

沿岸から12カイリ(約22キロ)までの領海の外側で、200カイリ(約370キロ)までの海域。接続水域も含まれる。沿岸国が、魚などの漁業資源や地下の鉱物資源などを独占する権利を持っている。国連海洋法条約で定められている。

(2012-09-21 朝日新聞 朝刊 2総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

排他的経済水域(EEZ)の関連キーワード武蔵水路沿岸海浅海本馬宅扱い中間ライン特定水域日韓EEZ交渉排他的経済水域(EEZ)領海と接続水域

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone