排気センサー

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

排気センサー

排ガス浄化システムの中核部品で、排ガスに残る酸素量などを計測する。長さは20センチ程度。計測データを基に車はエンジンのガソリン噴射の量や間隔を制御。理想的な空気とガソリンの比率に近づけ、窒素酸化物一酸化炭素などの有害成分を減らす仕組み。

(2013-01-10 朝日新聞 朝刊 2経済)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android