コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

掛く・懸く・繋く・繫く かく

1件 の用語解説(掛く・懸く・繋く・繫くの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

かく【掛く・懸く・繋く・繫く】

( 動四 )
かける。つなぐ。 「馬にこそふもだし-・くもの/万葉集 3886
構える。組む。編む。 「八重の組垣-・かめども/日本書紀 武烈
結ぶ。締める。 「黒き色には赤き物をたふさきに-・き/宇治拾遺 1
賭けをする。 「押し出して-・きたりければ、はやくかきおほせて/著聞 12
( 動下二 )
かける

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone