コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

掛ける・懸ける かける

大辞林 第三版の解説

かける【掛ける・懸ける】

( 動下一 ) [文] カ下二 か・く
物をほかの物に取り付ける。
物を壁や構造物の高い所に運んで行って上部を固定する。上方に掲げる。他の物にぶらさげる。 「壁に絵を-・ける」 「戸口に表札を-・ける」 「窓にカーテンを-・ける」 「帆を-・けた船」
〔自在鉤にかけて火の上に置いたことから〕 鍋などを火の上にのせる。 「鍋を火に-・ける」
〔竿秤さおばかりの鉤にかけて重さを測ったことから〕 はかりに載せて重さを測る。 「肉を秤に-・ける」
椅子などの上に座る。 「椅子に腰を-・ける」
人を、罰として高い所につるしたり置いたりする。 「罪人を十字架に-・ける」 「獄門に-・ける」
物を、取り外しのできるような状態で他の物に取り付ける。 「眼鏡を-・けた人」 「上着のボタンを-・ける」
組んだもので獲物を捕らえる。 「兎をわなに-・ける」 「計略に-・ける」
(「気にかける」などの形で)気持ちをそこに置く。いつもそのことに対して配慮する。思いやる。 「子の将来を気に-・ける」 「心に-・ける」 「歯牙しがにも-・けない」
相撲で、足を相手の足にからめる。 「右足を-・けて相手を倒す」
錠などを固定して動かないようにする。 「ドアに鍵を-・ける」 「犯人に手錠を-・ける」
上方から物を置く。
ある物を、他の物を覆うように置く。かぶせる。 「荷物の上に覆いを-・ける」 「床にワックスを-・ける」
液体や粉末を上方から注ぐ。 「背中にお湯を-・ける」 「肉にコショウを-・ける」 「ご飯に生卵を-・けて食べる」 「振り-・ける」 「あびせ-・ける」
他にある作用を与える。他に影響を及ぼす。
好ましくないことを相手に及ぼす。 「妻にはずいぶん苦労を-・けてきた」 「他人に迷惑を-・ける」
人に対してある感情を持つ。 「先輩に思いを-・ける」 「犯人に情けを-・ける」 「…に疑いを-・ける」
願い・期待をそこに置く。託す。 「神様に願がんを-・ける」 「ひとり息子に期待を-・ける」 「…に一縷いちるの望みを-・ける」
言葉などによる働きかけをする。
言葉を人に向けて発する。 「部下に言葉を-・ける」 「生徒に声を-・ける」
言葉による働きかけを行う。 「相手になぞを-・ける」 「新入生に誘いを-・ける」 「おどしを-・ける」
魔法・麻酔など特別な作用を及ぼす。 「お姫様に魔法を-・ける」 「患者に麻酔を-・ける」 「絶対勝つんだ、と自分を暗示に-・ける」
(力を)加える。 「右足に体重を-・ける」 「一方の電極に電圧を-・けると…」
道具を用いて表面を加工する。 「材木にかんなを-・ける」 「やすりを-・ける」 「ワイシャツにアイロンを-・ける」 「ミシンを-・ける」 「廊下に雑巾を-・ける」 「丸太にみがきを-・ける」
課す。 「贅沢品に重い税を-・ける」
攻撃を加える。 「夜襲を-・ける」 「相手に技を-・ける」 「追い討ちを-・ける」
ある物を他の物に渡す。また作用を一方から他方へ向ける。
(「架ける」とも書く)一方から他方へさし渡す。 「川に橋を-・ける」 「二階にはしごを-・ける」
電話機を操作して先方と話をする。 「会社に電話を-・ける」
手や足など体の一部をほかの物の上に軽くおく。 「ドアの取っ手に手を-・ける」 「階段に片足を-・ける」
取り扱う。対象として扱う。
論議・審議の対象にする。 「この問題を会議に-・ける」 「被告を裁判に-・ける」
検査・診察の場所・場面に置く。 「薬品を分析装置に-・ける」 「…を医者に-・ける」
相手に見えるようにする。 「私の秘蔵の品をお目に-・けます」
人を殺傷する。 「敵を刀に-・ける」 「我が子を手に-・ける」 「蹄ひづめに-・ける」
機械を機能させる。 「自動車のエンジンを-・ける」 「ブレーキを-・ける」 「ラジオを-・けっぱなしにする」 「レコードを-・ける」
(「繫ける」とも書く)結びつけて留める。つないで留める。 「小包に紐を-・ける」 「たすきを-・けて掃除をする」
ある場所に仮設の建物などを組み立てる。 「河原に小屋を-・ける」 「小鳥が街路樹に巣を-・ける」
芝居や興行を行う。 「来月は勧進帳を-・ける予定」
数を乗ずる。掛け算をする。 ↔ 割る 「 2に3を-・けると6」
基準の値段より割高な値段を付ける。掛け値をする。 「市価よりも二割がた-・けて売る」
(「保険をかける」の形で)ある物について保険の契約をして掛け金を払う。 「美術品に保険を-・ける」
言葉と言葉に関連を持たせる。
ある語句と他の語句との間に意味関係や文法関係をもたせる。 「関係代名詞を名詞句に-・ける」
掛け言葉を言う。 「『長雨』を『眺め』に-・ける」
かこつける。意味づける。 「妹が名に-・けたる桜/万葉集 3787
時期・場所について、ここからそこまでの間ずうっと。 「夏から秋に-・けて咲く花」 「宮城県から青森県に-・けて大雪だ」
それに関して。その面で。 「暗算に-・けては彼の右に出る者がない」
あること・物のために費用・労力・時間などを費やす。 「服装に金を-・ける」 「手間ひま-・けて作った人形」
交配する。 「レグホンにコーチンを-・ける」
(「鼻にかける」の形で)
鼻声を出す。 「鼻に-・けて歌う」
自慢する。 「一流大学を出たことを鼻に-・ける」
(動詞の連用形の下に付いて)
相手に向かって物事をする。 「話し-・ける」 「働き-・ける」
…し始める。途中まで…する。 「言い-・けてやめる」 「長編を読み-・ける」
もう少しで、ある動作を始めそうになる。もう少しでそういう状態になる。 「死に-・ける」 「川でおぼれ-・ける」
兼ねる。 「国の守、斎いつきの宮のかみ-・けたる/伊勢 69
目標にする。目指す。めがける。 「阿波の山-・け漕ぐ舟/万葉集 998
よりどころにする。託する。 「かくたまさかの御慰めに-・け侍る命のほども/源氏 澪標
含める。こめる。 「行く末-・けて契りたのめ給ひし人々/源氏 松風
乗り物などをある場所に止める。
車をある場所に止める。つなぐ。 「さて車-・けてその崎にさしいたり/蜻蛉
船をある場所に停泊させる。係留する。 〔日葡〕
牛馬をある場所につなぐ。 「輪強き御車にいちもちの御車牛-・けて/大鏡 道隆
あらかじめ約束する。 「秋-・けて言ひしながらもあらなくに木の葉降りしくえにこそありけれ/伊勢 96
だます。ひっかける。 「今来むと言ひしばかりに-・けられて/古今六帖 5
数に入れる。加える。 「お供-・けて三人ぢや/浄瑠璃・丹波与作 」 〔「かかる」に対する他動詞〕
[慣用] 圧力を- ・後足で砂を- ・命を- ・腕に縒りを- ・鎌を- ・声を- ・尻に帆を- ・尻目に- ・手に- ・手を- ・手塩に- ・天秤てんびんに- ・秤はかりに- ・拍車を- ・股に- ・水を- ・目を- ・山を- ・輪を-
[表記] かける(掛・懸・架・ 繫 ・賭)
「掛ける」は“ぶらさげる。作用を及ぼす。費やす”の意。「壁に絵を掛ける」「計略に掛ける」「妻には苦労を掛けた」「衣服に金を掛ける」「手間暇掛けて育てた菊」  「懸ける」は“運命をともにする。金品を提供する”の意。「一生を懸けた仕事」「犯人に賞金を懸ける」  「架ける」は“かけ渡す”の意。「川に橋を架ける」  「繫ける」は“つないで留める”の意。「ひもを繫ける」  「賭ける」は“かけごとをする。失う覚悟でする”の意。「最後のレースに賭ける」「命を賭けた恋」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone