コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

掛け帯・掛帯(読み)かけおび

大辞林 第三版の解説

かけおび【掛け帯・掛帯】

平安以降、物忌みのしるしに用いた赤い絹の帯。胸にかけ肩を越えて背後で結ぶ。社寺参詣の女子や巫女みこが用いた。
近世、女房装束の裳の大腰の左右に付けた紐。肩を越して前で結ぶ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

諂う/諛う

[動ワ五(ハ四)]人の気に入るように振る舞う。また、お世辞を言う。おもねる。追従(ついしょう)する。「上司に―・う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android