コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

掛け流し・掛流し かけながし

大辞林 第三版の解説

かけながし【掛け流し・掛流し】

一度使っただけで捨ててしまうこと。また、そのもの。使い捨て。 「 -の片器へぎの欠/浄瑠璃・鬼一法眼」
一度かぎりであること。その場かぎりであること。 「 -の色事なら御勝手次第/洒落本・滑稽吉原談語」
たれ流し」に同じ。 「糞小便も-で/滑稽本・浮世風呂 2

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

掛け流し・掛流しの関連キーワード浮世風呂鬼一法眼

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android