コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

掛け筵・掛け蓆 かけむしろ

大辞林 第三版の解説

かけむしろ【掛け筵・掛け蓆】

室町時代、殿中で畳表にへりを付けて、帳とばりのように垂らして仕切りとしたもの。
正月、神前に新しくかける筵。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

掛け筵・掛け蓆の関連キーワード室町時代仕切り神前畳表殿中

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android