掛け金・掛金(読み)かけがね

大辞林 第三版の解説

かけがね【掛け金・掛金】

戸・障子などが開かないようにかける金具。
あごの関節。 〔日葡〕

かけきん【掛け金・掛金】

分割して定期的に支払う金。 「保険の-」
掛け売り・掛け買いの代金。掛け代金。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android