コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

掛け針・掛針・掛け鉤・掛け鈎 かけばり

大辞林 第三版の解説

かけばり【掛け針・掛針・掛け鉤・掛け鈎】

裁縫用具の一。絎ける際などに布をぴんと張るため、紐の一端を輪にして布に刺した針にかけ、他端の鉤かぎを畳などに刺して止めるもの。
えさをつけず、水中を引き回して魚をひっかけて取るときに用いる鉤はり。また、長い棒の先に鉤をつけたもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

掛け針・掛針・掛け鉤・掛け鈎の関連キーワード水中一端他端

今日のキーワード

ICT

情報・通信に関する技術の総称。従来から使われている「IT(Information Technology)」に代わる言葉として使われている。海外では、ITよりICTのほうが一般的である。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android