コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

掛け かけ

大辞林 第三版の解説

かけ【掛け】

[2] ( 名 )
「掛け売り」「掛け買い」の略。 「 -で買う」
売り掛け金。また、買い掛け金。 「 -がたまる」
卸値の定価に対する割合。 → がけ(掛)
「かけそば」「かけうどん」の略。
相撲で、足をかけて攻める技の総称。 「 -投げ」 「外(内)-がけ
「打ち掛け」の略。
帯の締めはじめる方の端。
名詞の下に付いて、それを掛けておく物の意を表す。 「帽子-」 「衣紋-」
何かに関連づけて、言葉に出して言うこと。 「玉だすきに-のよろしく/万葉集 5
計画。予定。たくらみ。 「嫌なる物…-のある夜の長客人/仮名草子・犬枕」
( 接尾 )
動詞の連用形に付いて、
動作をし始めて、まだそれが中途であることを表す。 「読み-の本」 「書き-の手紙」
動作が起ころうとする直前の状態であることを表す。 「死に-」 「つぶれ-」
助数詞。和語の数詞に付いて、
一人で担えるほどの物を数えるのに用いる。 「きぬびつ、ふた-にてあるを/源氏 松風
「懸け鯛だい」を数えるのに用いる。 「角樽一荷に塩鯛一ひと-/浮世草子・永代蔵 6」 → がけ(掛)
[句項目]

がけ【掛け】

( 接尾 )
名詞に付いて、それを身につけている意を表す。 「ゆかた-」 「けさ-」 「たすき-」
「心」あるいは「思い」などの語に付いて、心中にいつもいだいている意を表す。 「心-」 「思い-ない」
「いのち」などの語に付いて、それを賭けることを表す。 「命-」
動詞の連用形に付いて、動作のついでである意を表す。 「帰り-に寄る」 「行き-の駄賃」
人数を表す語に付いて、その人数だけ腰かけられることを表す。 「三人-の椅子」
助数詞。
漢語の数詞に付いて、その数の割合であることを表す。 「定価の八-」
和語の数詞に付いて、その数だけの倍数であることを表す。 「二つ-」
和語の数詞に付いて、指一本の幅を単位とした長さを表す。矢の長さをはかるのに用いる。ふせ。 「三人張に十三束三つ-/義経記 4

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

掛けの関連キーワードタンツーリーユイ(糖醋鯉魚)すれ釣り・すれ釣テーブルクロス掛け金・掛金アームレストラブシート保険掛金腰掛茶屋有袋栽培千鳥縢り掛け靠れ二丁投げ帰り掛け吊り干し戻り掛け掛倒れ掛違い掛払い下駄掛御煮掛

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

掛けの関連情報