掛取引(売掛・買掛)(読み)かけとりひき

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

掛取引(売掛・買掛)

代金決済を商品の受け渡し時点ではなく、将来のある期日に行うことを約束して売買する信用取引のことをいう。例えば「当月末締め、翌月末払い」などは掛取引で、その支払方法を表す表現。掛で売ることを「掛売り」といい、その未回収分の代金を「売掛(売掛残)」と言う。逆に掛けで買った未払い分の代金を「買掛(買掛残)」という。

出典 ナビゲートナビゲート ビジネス基本用語集について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android