掛取引(売掛・買掛)(読み)かけとりひき

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

掛取引(売掛・買掛)

代金決済を商品の受け渡し時点ではなく、将来のある期日に行うことを約束して売買する信用取引のことをいう。例えば「当月末締め、翌月末払い」などは掛取引で、その支払方法を表す表現。掛で売ることを「掛売り」といい、その未回収分の代金を「売掛(売掛残)」と言う。逆に掛けで買った未払い分の代金を「買掛(買掛残)」という。

出典 ナビゲートナビゲート ビジネス基本用語集について 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android