コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

掛搭・挂搭 かた

大辞林 第三版の解説

かた【掛搭・挂搭】

〘仏〙
その寺に滞在を許された禅僧が錫杖しやくじようを禅堂の搭鉤とうこに掛けること。
禅僧が行脚をやめて一か所に長く滞在すること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

掛搭・挂搭の関連キーワード錫杖禅堂禅僧