掛絡・掛落・掛羅(読み)から

大辞林 第三版の解説

から【掛絡・掛落・掛羅】

禅僧が普段用いる、小さな略式の袈裟けさ。首に掛ける。掛絡袈裟。
に付けてある象牙などの輪。
根付け。または根付けのある巾着きんちやく・印籠いんろう・タバコ入れ。 「独ひとりは象牙の-よりもぐさを取出し/浮世草子・一代男 5

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android