コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

採掘跡充てん(採掘跡充塡) さいくつあとじゅうてんstowing

1件 の用語解説(採掘跡充てん(採掘跡充塡)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

さいくつあとじゅうてん【採掘跡充てん(採掘跡充塡) stowing】

鉱山等の採掘跡に〈ずり〉(〈ぼた〉ともいう)を持ち込み,詰め込んで周囲の岩石を押さえて岩石の亀裂の発生を軽度にとどめ,作業の安全を図ること。鉱山や炭鉱の切羽で鉱石や石炭を採掘した後は,大きな空間がその採掘跡に残る。その空間を残しておくと,周囲の岩石は地圧を受けてしだいに亀裂を生じ,岩石が崩落するので危険である。それを防止するために行うものだが,地表沈下が問題となる所,河川の下などを採掘するときには,地表,川底に変化を生じないようにすることが必要である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone