探す・捜す・涼す(読み)さがす

大辞林 第三版の解説

さがす【探す・捜す・涼す】

( 動五[四] )
必要なものや失ったものを見つけようとする。 《探・捜》 「安い下宿を-・す」 「仕事を-・す」 「財布を-・す」 「犯人を-・す」
ものを見つけるためにかき回す。 「押し入れを-・す」
中にある物を表し出す。 「このふる里の女の前にてだにつつみ侍るものを、さる所にて才-・しいで侍らむよ/紫式部日記」
他の動詞の連用形に付いて、度を越して…する、の意を表す。 「ふみ付け〱ふみ-・されて土まぶれ/浄瑠璃・天網島
[可能] さがせる
[慣用] かねや太鼓たいこで- ・ 草の根分けて-
[表記] さがす(探・捜)
「探す」は“手に入れたいものを見つけ出す”の意。「下宿を探す」「仕事を探す」  「捜す」は“失ったものなどを見つけ出す”の意。「落とした財布を捜す」「犯人を捜す」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android