コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

探査機あかつき

1件 の用語解説(探査機あかつきの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

探査機あかつき

日本初の金星探査機で、宇宙機構の種子島宇宙センター(鹿児島県)から5月、H2Aロケット17号機で打ち上げられた。3億キロ以上の旅を経て金星に到達。電池の寿命が尽きるまでの約4年間、高度300~8万キロの楕円(だえん)軌道を1周30時間で回り、5台の特殊なカメラで金星の大気の細かな動きを観測する予定だった。

(2010-12-08 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

探査機あかつきの関連キーワード宇宙工学島宇宙種子島宇宙センター月探査機惑星探査機スイングバイ太陽系探査(世界の)あかつき宇宙探査機深宇宙探査網

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

探査機あかつきの関連情報