コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

接ぎ木・接木 つぎき

大辞林 第三版の解説

つぎき【接ぎ木・接木】

( 名 ) スル
植物の枝や芽を切りとって、近縁の植物に接合癒着させて殖やす方法。接ぐ方の枝や芽を接ぎ穂、根をもった接がれる方を台木という。実生みしようによる繁殖にくらべ、優良な株が得られ、また結実や開花が早くなる。バラをノバラの台木に、リンゴをカイドウまたは同じ種の台木に接ぐ類。 [季] 春。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

接ぎ木・接木の関連キーワードカイドウノバラ接ぎ穂台木

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android