掬う・抄う(読み)すくう

大辞林 第三版の解説

すくう【掬う・抄う】

( 動五[四] )
液体や粉末の中に手・さじなどを入れて、一部分を取り出す。 「汁を-・う」 「泉の水を両手で-・って飲む」
液体の中や表面にいるものを網などで取り出す。 「金魚を-・う」 「浮いた灰汁あくをお玉で-・う」
下から上へ曲線をえがくようにして横にはらう。また、下から上へ急にもちあげる。 「足を-・う」 「後ろよりかき-・ひて飛ぶやうにして出でぬ/宇治拾遺 12
[可能] すくえる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android