コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

掻い灯し・搔い灯し・掻い燈し・搔い燈し かいともし

大辞林 第三版の解説

かいともし【掻い灯し・搔い灯し・掻い燈し・搔い燈し】

〔「かきともし」の転〕
清涼殿の夜の御殿おとどの四すみにつり下げた灯籠にともした油火のあかり。 「夜の御殿のをば-とうよなどいふ/徒然 23

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

掻い灯し・搔い灯し・掻い燈し・搔い燈しの関連キーワード清涼殿御殿

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android