掻い餅・搔い餅・掻い餠・搔い餠(読み)かいもちい

大辞林 第三版の解説

かきもちひの転
今のぼたもちの類の称。一説に、中世以降はそばがきをいう。かいもち。 いざ給へ、出雲をがみに。-めさせん/徒然 236

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android