コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

描き友禅 かきゆうぜん

大辞林 第三版の解説

かきゆうぜん【描き友禅】

友禅染で、手描きで模様を染め出すもの。下絵を描き、輪郭にそって糊を置き、刷毛で色をさして染めるので、輪郭が白く抜けて、いわゆる糸目ができる。本友禅。 → 型友禅

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

描き友禅の関連キーワード田畑喜八(3代)田島比呂子伸子張り広瀬治助描き染め友禅染熊谷染紅型捺染描染染色友禅

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

描き友禅の関連情報