提宗慧全

美術人名辞典の解説

提宗慧全

江戸前期の黄檗宗の僧。播磨姫路藩主池田輝政の家臣臼井家の出身。池田家の菩提寺龍峰寺で出家、のち四世となる。同寺3世江山景巴が妙心寺百四十世・天球院開祖となったのを機に、天球院に住した。龍安寺の龍渓宗潜の勧めで黄檗隠元に参じ傾倒するが、妙心寺派教団と対立し、黄檗派に帰した。画技に長じた。門下に鉄牛道機がいる。寛文8年(1668)寂、77才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android