握美契縁(読み)あつみ かいえん

美術人名辞典の解説

握美契縁

浄土真宗大谷派の僧。伊勢生。号は択堂、三峰、見白山人、厳華。加賀本覚寺住持、東本願寺議事となり、執事、事務総長などを歴任。財政の確立と阿弥陀堂大師堂の再建につくした。明治39年(1906)寂、68才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android