コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

揮発油税と地方道路税

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

揮発油税と地方道路税

両税あわせてガソリン税と呼ばれる。ガソリンを製造した業者が出荷した際、1リットルあたり揮発油税48円60銭、地方道路税5円20銭の計53円80銭が課税される。仕入れの段階で課税されたガソリンに両税のかからない灯油などを混ぜた場合、新たなガソリンを製造したとみなされ、混入後のガソリン全体に改めて課税される。

(2006-07-15 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

揮発油税と地方道路税の関連キーワードガソリン税の暫定税率

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android