揺る・淘る・汰る(読み)ゆる

大辞林 第三版の解説

ゆる【揺る・淘る・汰る】

( 動四 )
ゆすり動かす。ゆさぶる。 《揺》 「身を-・りて舞ふよしをする也/名語記」 「波に-・らるる沖つ船/曽我 9
水中などで、ゆさぶりながら選別する。 《淘・汰》 「金くだけて灰にまじる。水に入れて-・れば失することなし/海道記」
ゆれ動く。 「御髪みぐしは…ひまなく-・りかかりて、玉光るやうに見え給ふ/宇津保 蔵開上」 「地ガ-・ル/日葡」 〔現代語では、受け身の「ゆられる」のほか、「ゆり動かす」「ゆりかご」「ゆりもどし」など、複合語でのみ用いられる〕
( 動下二 )
ゆれる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android