コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

損保ジャパン日本興亜 そんぽじゃぱんにっぽんこうあ Sompo Japan Nipponkoa Insurance Inc.

1件 の用語解説(損保ジャパン日本興亜の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

損保ジャパン日本興亜

大手損害保険NKSJホールディングス傘下の損害保険会社である、損害保険ジャパン日本興亜損害保険が、2014年9月1日に合併して発足した損害保険会社の名称。通常の企業の売上高に当たる同社の正味収入保険料は、合併によって約2兆800億円(14年3月期)となり、単体では東京海上日動火災保険の約1兆9600億円を抜いて、国内最大となる。また、税引き後利益は約495億円で、東京海上日動(約908億円)、三井住友海上火災保険(約580億円)に次ぐ3位の損害保険会社となる。損保ジャパンと日本興亜損害保険は10年に持ち株会社をつくり、傘下に損保2社を抱えていたが、経営合理化に向けて2社を合併した。

(2014-9-3)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

損保ジャパン日本興亜の関連キーワードホールディングス三井住友海上グループホールディングスITホールディングスソニーフィナンシャルホールディングス東京海上ホールディングスヴィア・ホールディングススタッフサービス・ホールディングスアニコム ホールディングスMS&ADインシュアランスグループホールディングスNKSJホールディングス

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

損保ジャパン日本興亜の関連情報