コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

携帯型GPS けいたいがたGPS/けいたいがたじーぴーえす

1件 の用語解説(携帯型GPSの意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

携帯型GPS

アウトドアで活用されるハンディタイプのGPS。2万5000分の1地形図が取り込める機種もあり、登山やバックカントリー・スキーイングなどで使用。現在地が経度、緯度、標高などで一目瞭然のため、道迷いやルート確認の際に力を発揮する。実際に歩いた情報はデータとして記録され、それをパソコンの3次元地図ソフトで地図上に取り込めば、ルートのシミュレーションや山行記録の整理にも利用できる。3次元地図ソフトでは、インターネット上から無料でダウンロードできるソフト「カシミール3D」が知られる。

(松倉一夫 アウトドアライター / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone