コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

携帯型GPS けいたいがたGPS/けいたいがたじーぴーえす

知恵蔵の解説

携帯型GPS

アウトドアで活用されるハンディタイプのGPS。2万5000分の1地形図が取り込める機種もあり、登山やバックカントリー・スキーイングなどで使用。現在地が経度、緯度、標高などで一目瞭然のため、道迷いやルート確認の際に力を発揮する。実際に歩いた情報はデータとして記録され、それをパソコンの3次元地図ソフトで地図上に取り込めば、ルートのシミュレーションや山行記録の整理にも利用できる。3次元地図ソフトでは、インターネット上から無料でダウンロードできるソフト「カシミール3D」が知られる。

(松倉一夫 アウトドアライター / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

携帯型GPSの関連キーワードアウトドア最前線ジオキャッシング

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android