摺り込み染め・摺り込み染(読み)すりこみぞめ

大辞林 第三版の解説

すりこみぞめ【摺り込み染め・摺り込み染】

捺染なつせんの一。布の表面に型を置き、染料を含ませた刷毛はけで種々の色を摺り込んで模様を染め出すもの。すりぞめ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android