コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

摺墨・磨墨(読み)するすみ

大辞林 第三版の解説

するすみ【摺墨・磨墨】

〔摺って用いることから〕 墨。墨汁ぼくじゆう。 「 -も落つる涙に洗はれて恋しきだにもえこそ書かれね/金葉 恋下
源頼朝より賜り、宇治川の先陣争いで、梶原景季の乗った名馬の名。佐々木高綱の生唼いけずきと争った。 → 生唼

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報