コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

撓わ たわわ

大辞林 第三版の解説

たわわ【撓わ】

( 形動 ) [文] ナリ 
木の枝や稲の穂などに実がなったりしてしなやかに弧を描いて曲がっているさま。 「枝も-に実がなる」 「 -に実る」 「淡紅色紋絽ときいろもんろの長襦袢の裾は…絹足袋の雪に-なる山茶花さざんかの開く心地す/金色夜叉 紅葉

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone