コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

撓わ たわわ

大辞林 第三版の解説

たわわ【撓わ】

( 形動 ) [文] ナリ 
木の枝や稲の穂などに実がなったりしてしなやかに弧を描いて曲がっているさま。 「枝も-に実がなる」 「 -に実る」 「淡紅色紋絽ときいろもんろの長襦袢の裾は…絹足袋の雪に-なる山茶花さざんかの開く心地す/金色夜叉 紅葉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

撓わの関連キーワード金色夜叉

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android