コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

擊・劇・戟・撃・檄・激・隙 げき

大辞林 第三版の解説

げき【擊・劇・戟・撃・檄・激・隙】

【 戟[音] ゲキ
ほこ。特に、二つの枝刃の出たほこ。 「戟形・剣戟・電戟・兵戟」
さす。 「刺戟」
【隙】 [音] ゲキ
すき間。ひま。 「隙駟げきし・暇隙・間隙・空隙・駒隙くげき・穴隙・寸隙・農隙」
不和。 「隙意」
【劇】 [音] ゲキ
はげしい。はなはだしい。いそがしい。 「劇痛・劇変・劇務・劇薬・劇烈」
しばい。 「劇場・劇団・劇評・歌劇・活劇・悲劇」
【撃( 擊 )】 [音] ゲキ
うつ。
たたく。 「撃砕・撃殺・撃壌・撃柝げきたく・打撃」
せめる。敵をうつ。 「撃攘げきじよう・撃退・撃沈・撃破・攻撃・襲撃・追撃・突撃」
鉄砲などで弾丸を発射する。 「射撃・銃撃・狙撃」
目にふれる。 「目撃」
【激】 [音] ゲキ
はげしい。勢いが強い。 「激戦・激増・激痛・激変・激流・過激・急激」
はげます。 「激励」
感情が高ぶる。 「激昂げきこう・激情・感激・憤激・奮激」
【 檄[音] ゲキ
ふれぶみ。仲間を集める文書。 「檄文・羽檄・飛檄」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android