擦付木・摺付木(読み)すりつけぎ

精選版 日本国語大辞典の解説

すり‐つけぎ【擦付木・摺付木】

〘名〙 マッチをいう明治時代の語。はやつけぎ。〔和英語林集成(初版)(1867)〕
※新聞雑誌‐四号・明治四年(1871)六月「日用の小器、『すり付木(ツケキ)』『シャボン』『メリヤス』又は酒油等食品類の如きものは」
[語誌]マッチには「燐燭奴(はやつけぎ)」、「火縄付け木」、「火寸(つけぎ)」、「唐人つけぎ」「唐人つけだき」など、多くの訳語があったが、明治初期に「すりつけぎ」が広まり、一〇年代には「マッチ」が一般的になった。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android