コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

擬似マルチタスク ぎじまるちたすく

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

擬似マルチタスク

複数のタスクを同時に処理しているように見せる方法のこと。ノンプリエンプティブマルチタスクとも呼ぶ。プリエンプティブマルチタスクでは処理の制御をOSが管理するため、効率のよいタスク処理が行える。対して、擬似マルチタスクでは処理の制御の管理がアプリケーション側にあるため、タスクが処理を独占すると、他のタスクの処理が停止してしまうことがある。Windows 3.1やMac OS 9は擬似マルチタスクで動作する。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

擬似マルチタスクの関連キーワードMVDM

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android