コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

改憲手続き

1件 の用語解説(改憲手続きの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

改憲手続き

憲法96条では、衆参両議院の各総議員の3分の2以上の賛成で国会が発議(提案)でき、国民投票過半数が賛成(承認)すれば成立すると定めている。ただ、投票の具体的方法の規定はなく、新たに法律を制定しなければならない。投票権者を何歳以上とするか▽「虚偽報道禁止」などのメディア規制▽周知期間の日数▽改憲案全体の賛否を問う一括投票か、条文ごとの個別投票にするか、といった論点がある。

(2006-03-04 朝日新聞 朝刊 3社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

改憲手続きの関連キーワード議事録憲法改正国会歳費定足数本会議懲罰委員会提案権両院憲法96条

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

改憲手続きの関連情報