コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

改正公職選挙法

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

改正公職選挙法

旧法では地方選で使う「運動用文書図画」は、はがきしか認められていない。改正法は新たに、首長選に限り選管に届け出た2種類以内のビラ(マニフェスト)の配布を認める。知事選で10万〜30万枚、政令指定市長選は7万枚、一般市長選は1万6千枚、町村長選挙は5千枚の配布を認める。ビラ作成費は候補者負担となるが、知事、市長選は条例で定めれば公費負担にすることができる。

(2007-02-22 朝日新聞 朝刊 3社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

改正公職選挙法の関連キーワード衆院小選挙区定数の「0増6減」小選挙区比例代表並立制首長選のマニフェスト選挙権年齢の引き下げ衆議院選挙制度改革ネット選挙運動解禁たかりの構造18歳選挙権不在者投票期日前投票普通選挙選挙権合区旧法

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

改正公職選挙法の関連情報