コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

改正公職選挙法

1件 の用語解説(改正公職選挙法の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

改正公職選挙法

旧法では地方選で使う「運動用文書図画」は、はがきしか認められていない。改正法は新たに、首長選に限り選管に届け出た2種類以内のビラ(マニフェスト)の配布を認める。知事選で10万〜30万枚、政令指定市長選は7万枚、一般市長選は1万6千枚、町村長選挙は5千枚の配布を認める。ビラ作成費は候補者負担となるが、知事、市長選は条例で定めれば公費負担にすることができる。

(2007-02-22 朝日新聞 朝刊 3社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

改正公職選挙法の関連キーワード毀棄罪顎で使う旧法公用文図画地方選挙私用文書等毀棄罪公職選挙法の改正選挙運動用はがき政治活動用ポスターと政党ポスター

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

改正公職選挙法の関連情報