コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

改正省エネ法

1件 の用語解説(改正省エネ法の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

改正省エネ法

温室効果ガス削減を掲げた京都議定書の目標達成などを目的に、10年4月本格施行される。エネルギーを1年間に原油換算で1500キロリットル以上使用する企業は毎年度のエネルギー使用量を各経済産業局に報告しなければならない。09年度の使用量の報告期限は10年7月末。報告しない、あるいは虚偽の報告をした場合、50万円以下の罰金。5年をめどにエネルギーの使用効率を年平均1%ずつ改善する努力目標もある。法改正で、新たにコンビニテナントビルなどが対象に加わった。

(2009-06-03 朝日新聞 朝刊 2経済)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

改正省エネ法の関連キーワード気候変動枠組条約締約国会議温室効果ガス排出権京都メカニズムポスト京都議定書ポスト京都温室効果ガスと県の温暖化防止対策京都議定書の削減目標温室効果ガス削減目標温室効果ガスの削減目標京都議定書とCOP15

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

改正省エネ法の関連情報