改正臓器移植法と子どもの臓器提供

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

改正臓器移植法と子どもの臓器提供

脳死になった人から臓器を摘出し、別の患者に提供する手続きを定めた法律。1997年に成立して施行され、2009年の改正で15歳未満の子どもからも提供できるようになった。改正前は、脳死になった人からの臓器提供は、本人が提供の意思を書面で残していることが必要だったため、提供できる人は、民法で遺言が可能な15歳以上に限られていた。

(2011-04-12 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android