コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

放射線業務従事者の被曝管理

1件 の用語解説(放射線業務従事者の被曝管理の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

放射線業務従事者の被曝管理

被曝量の上限は法律で定められ、男性は1年間に50ミリシーベルト、5年間で100ミリシーベルト。これ以外に緊急作業での被曝も認められており、今回の事故の上限は250ミリシーベルト。原子力安全・保安院の報告書によると、2009年度に全国の商業用原発での放射線業務従事者はのべ人数で8万3500人。被曝量は最大で19.5ミリシーベルト、平均1ミリシーベルトで実際の運用は上限より低く管理されている。

(2011-05-02 朝日新聞 朝刊 2総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

放射線業務従事者の被曝管理の関連キーワード官制経営権憲法記念日中央官制上乗せ条例基礎工事上限金利法定金利切迫屠殺被爆と被曝

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone