コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

放射線防護の基準

1件 の用語解説(放射線防護の基準の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

放射線防護の基準

国際放射線防護委員会は、自然放射線量(国内平均年1・5ミリシーベルト)などを除き、基準を年1ミリ以下としている。換算すると年1ミリは毎時0・19マイクロシーベルトにあたる。事故収束後の復旧期は年1~20ミリ(毎時3・8マイクロ)と示す。独立行政法人放射線医学総合研究所」によると、約100ミリ未満では「がんを引き起こすという科学的証拠はない」「胎児への影響は起こらないと考えられている」としている。

(2011-06-22 朝日新聞 朝刊 埼玉 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

放射線防護の基準の関連キーワード国際放射線防護委員会線量当量ICRP線量放射線量MPDIRPAICRU放射線許容量国際放射線防護委員会(ICRP)勧告と健康影響

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

放射線防護の基準の関連情報