コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

放射能に汚染された廃棄物の処分

1件 の用語解説(放射能に汚染された廃棄物の処分の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

放射能に汚染された廃棄物の処分

放射性セシウムの濃度が1キロ当たり8千ベクレルを超える廃棄物は、法律に基づく「指定廃棄物」として、国の責任で捨て場所を確保するルール。ごみの焼却灰や下水処理場の汚泥、稲わらが中心で、濃縮されたセシウムを含む。指定廃棄物は8月初旬時点で9都県で約4万3千トン発生。福島を除く8都県では、発生分をすべて域内で処分する。このうち宮城、茨城、栃木、千葉、群馬の5県は既存の処分場では足りず、環境省が国有地に1カ所ずつ最終処分場をつくる方針。調整が遅れた群馬を除く4県には9月中に候補地を示した後、来夏に造成工事を始め、14年夏から廃棄物を搬入する計画だ。

(2012-09-19 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

放射能に汚染された廃棄物の処分の関連キーワード低マグネシウム血コメの放射性物質検査食品における放射性物質の暫定基準焼却灰と放射性物質コメの放射性セシウム検査放射性セシウム下水汚泥問題茶葉の検査方法女川町のがれきの広域処理放射性焼却灰の保管方法

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone