コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

放送法と命令放送

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

放送法と命令放送

放送番組は放送法第3条で、外部から干渉されない編集の自由が定められている。ただ、「法律に定める権限に基づく場合でなければ」とのただし書きがあり、法律で例外を設けることができる。命令放送はその例外の一つで、放送法第33条と第35条で、総務相がNHKに対し、国費負担により放送事項を定めて国際放送を命じることができるとしている。NHK短波ラジオ国際放送は、06年度の総経費85億円のうち、国から22億円の交付を受けており、この範囲内で命令ができる仕組みだ。ただ、これまでの命令は「時事」「国の重要な政策」「国際問題に関する政府の見解」の3点を大枠で定めるにとどまっていた。

(2006-10-14 朝日新聞 朝刊 3総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android